HOME>特集>物件選びがポイントなので、最寄り駅や立地、大きさなどをチェックしよう

物件選びがポイント

老後に備えてワンルームマンション投資を行う方が多いのではないでしょうか。ワンルームマンション投資はFXなど他の投資に比べてリスクが低いという特徴がありますが、それでも失敗して負債だけ残ってしまう人が多い傾向です。したがってこれからワンルームマンション投資を始める人は、物件選びのポイントを知ることが大切です。ワンルームマンション投資では、駅や立地、大きさや部屋の形、賃貸料がポイントになります。

最寄り駅が魅力的であるか

ワンルームマンション投資で成功させるためには、最寄り駅をしっかりチェックすることが大切です。賃貸マンションを探している人はまずどこに住むかを決めてから部屋を探すので、快速が止まるなどメリットがある駅が最寄り駅のマンションを選ぶようにしましょう。

立地もしっかりチェックしよう

最寄り駅を確認したら次は立地をチェックしましょう。ワンルームマンション投資において、徒歩圏内に生活便利施設があるかどうかも重要なポイントになるからです。特に最寄り駅から物件までの間にコンビニやスーパーがあるかどうかがポイントになります。

部屋の大きさは25㎡以内

都内でワンルームマンション投資をするなら、部屋の大きさは25㎡以内にすることが大切です。それ以上大きい部屋になってしまうと、家賃が高くなってしまうので需要が少なくなってしまうからです。市区町村によって最低住戸面積は規定されているので、確認しておくのがいいのかもしれません。

広告募集中