基本的な知識

住宅模型

家賃債務保証とは、入居を希望する人が連帯保証人を用意できない場合にそれを代行してくれるサービスです。そのため家賃滞納などがあった場合は、連帯保証人と同じように入居者に代わってその支払いを行ってくれます。本来は上記のような連帯保証人を用意できない人のためのサービスだったのですが、最近は、保証人を用意できる入居希望者に対してもこのサービスを義務付けるケースが増えているのです。なぜそのようなことをするのかというと、最近は社会状況の悪化などによって家賃を滞納する人が増えているからであり、その対策として導入する物件オーナーが多くなっているという事情があります。そしてこのサービスでは、家賃の保証だけでなく退去時の原状回復費用や、滞納家賃などを請求するための訴訟費用なども負担してもらうことが可能です。しかし保証会社によって保証範囲は異なりますし、保証内容が充実しているほど利用料金も高くなってしまいます。利用料金については、サービス契約時に支払う保証料や更新時に支払う更新料がありますが、これらの費用は入居者の負担になります。そのためオーナー側は費用負担をする必要がないのですが、連帯保証人を立てられる入居者にサービス利用を義務付ける場合は余計な負担になってしまうので、理解を求めることが必要になってくるでしょう。また、このサービスを利用すると入居者審査も保証会社が行ってくれるため、オーナー側はその手間がかかりません。

確実に家賃を回収できるというメリット

男女

家賃債務保証サービスを利用する最大のメリットは、何と言っても滞納家賃の保証をしてもらえるということです。滞納家賃が発生すると賃貸オーナーが自ら催促をする手間がかかりますし、なかなか回収ができないということもあります。しかし家賃債務保証サービスを利用すれば、そうした手間がかからないだけでなく、確実に家賃を回収することができるようになるのです。賃貸で資産運用を行っている場合は、家賃滞納が発生すると収入に直結してしまいますが、このサービスを利用すればその不安を解消することができるでしょう。

入居者を増やせるというメリット

不動産イメージ一軒家マンション

賃貸物件の資産運用では、空き室があると収入が減ってしまうので、入居者の確保がとても重要になります。そのため空き室が多くて悩んでいる場合は、家賃債務保証サービスを利用すると連帯保証人を用意できない人にも部屋を貸すことができるようになり、より多くの入居者を確保できるようになります。通常は、連帯保証人を用意できない人と契約するのは不安ですが、家賃滞納などがあっても保証会社が立て替えてくれるので安心して部屋を貸すことができるでしょう。

広告募集中